赤ちゃんの夜泣きが三ヶ月で始まりスクワットで足を痛め放置した結果

現在、小学生二人を育てているワーキングママです。
一人目は、初めての子育てというのもあり、育児書やネットの体験談を片っ端から読みあさり、あれもこれもと沢山の赤ちゃんグッズ(抱っこひもやバウンサー、音の鳴る寝かしつけのおもちゃ等)を買い、いずれ来るであろう、【赤ん坊の夜泣き】に備えていました。
スポンサードリンク

赤ちゃんが夜泣きが三ヶ月から始り、旦那はクレームを、、、

産まれて間もないころは、おむつ替え、授乳をすればすんなりと寝てくれるので、逆に少々物足りないと感じることが多く、育児ノートに「また寝ている」と書く毎日。
こんなに楽なら、何人でも育てられるわ~♪なんて思っていたら、突然やってくる、そう、夜泣きです。
それまで順調にいっていた赤ん坊との生活。
生後3か月を過ぎた頃に突然夜泣きがやってきました。
おむつは替えた、授乳もした、寝ない。泣く。
横で眠るパパも、はじめは「どうした~?」と気にかけてくれていましたが、毎日、そして、一日の中でも夜中に何回も泣くとさすがにクレームが出ました。
本来なら一緒にあやしてくれればいいんですが、
「子育ては女の仕事!」
と今時ありえない思考の持ち主でしたので、全く協力は得られませんでした。
私も会社員で働いていて、その当時は産休中でしたが、生後6か月で復帰予定でしたので、こんな生活が続くと思うと恐ろしく感じました。
幸い、一軒家に住んでいましたので、ご近所に響き渡る程の泣き声でもなかったのですが、やっぱりずっと泣く声を聞くと、
「自分が悪いことをしてる」
「なんで泣くの?寝ないの?」
「どうしたらいいの?」
とネガティブ感情があふれてきます。
スポンサードリンク

赤ちゃんの夜泣きがスクワットで短期間だけ効果!でも足を痛め、、、

ネットにのっていた
「だっこひもでおんぶをして家の中を歩く」
を実践してみたものの、下しては泣く。
バウンサーにのせて、ゆりかご状態にしてゆらゆら~も、昼間だったら寝るのに、夜は寝ない。
育児書の体験談に
「赤ちゃんをたて抱きにして、スクワットをしたら寝た」
とあったので真っ暗な寝室でトライ。
わりかしコテンと眠ってくれましたが、これも効果があったのは1週間程でした。
スクワットは
「寝かしつけながら、スクワットによって産後ダイエット効果が得られる!」
と書いてあり、
体験者さんも「○キロ痩せました!」とあったので、私はひたすらスクワットをして寝かしつけをしました。
赤ん坊はウトウトする程度で、ベッドに下すと泣くので、ひたすらスクワットをしたのです。
痩せる日を夢見て、赤ん坊が寝付くのを夢見て、ひたすらスクワットです。
しまいには、ひざを痛めてしまいました。
歩くのさえひざが痛い。
でも、まだ小さい赤ん坊を連れて病院へ行こうとも思いませんでした。
今思えば、何でそんなにスクワットをしたのかなーと思います。全く痩せなかったのに、です。
その分食べてもいたでしょうけど、パパにもっとお願いすればよかったな、と思います。
ひざが痛いのを我慢しながら、また夜中にスクワットをして寝かしつけを始めたある日の事です。
横でぐーすか寝るパパを見ながら、スクワットをしギャンギャン泣くわが子・・・
産後の会社復帰がもうあと何日かに迫っていたのもあり、私の心は限界に。
スポンサードリンク

赤ちゃんの夜泣きに耐えられず放置するも後悔して見に行くと、、、

「何で泣いてるのかわからない!勝手に寝て!」
とうとう、泣いている赤ん坊をベビーベットにおろしてしまいました。
そしてそのまま、真っ暗な寝室に泣いたままも赤ん坊とぐっすり眠るパパを置き去りにし、リビングに下りてしまいました。
イヤホンをつけて、大音量で音楽を聴き、大好きな本を読みました。
でも心はイライラ。
私ばっかりつらい、ひざも痛いし、これから仕事も復帰するのに、やってられない!と不満爆発です。
しばらく悶々としていましたが、だんだんと落ち着いてくると、
「あの子はどうしてるかしら。まだ泣いてるのかな。大丈夫かな。」
と不安が。
そして
「ごめん!なんて悪い母親なんだろう!ごめんね!」
と心の中で叫びながら、急いで寝室に向かいました。
すると、さっきまであんなに泣いてたのにすやすやと眠っていたのです。
「あぁ、よかった。眠っている。」
ホッとして、涙が出てきました。
きっとイライラした心が、こどもにも伝わったんだろうな、と思い、反省しました。
でも、ふと、抱っこせずに寝るんだ、と思い、次の日からは抱っこせず、泣いても胸のあたりをトントンとやさしくたたいて寝かしてけることにしました。
すると、あんなに泣いてたのが不思議なくらい、すっと眠ってくれるようになり、それからは夜中に起きることもなくなりました。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました